スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    美しい港町〜シアトルに到着です!!

    • 2013.10.22 Tuesday
    • 21:08

     
    写真:シアトル(ワシントン州)〜ダウンタウンの中心部にある名物、「パブリック・マーケット・センター」。朝から夕方まで賑やかな市場です。夜は周辺のバーやレストランが賑わいます。シアトルのあるワシントン州のニックネームは、「エバーグリーン・ステート」。一年中、緑が美しいとのことです。アラスカ州を除けば、アメリカ北西端に位置する州です。


    写真:シアトル〜「パブリック・マーケット・センター」の入り口付近にいた面白い大道芸人のオジサンと、偶然通りかかった地元のギャル!好きだなあ〜こういうノリ。(笑) 


    2006年8月8日(火)

    AM9:34〜
    ソルトレイク・シティ(ユタ州)から、グレイハウンド・バスで22時間、ようやくシアトル(ワシントン州)に着いたあ〜っ!(疲)ユタ州からの道中、アイダホ州とモンタナ州をひたすら走り抜けて、やっと着いたシアトル(ワシントン州)の街。8月(夏季)
    だというのに、メッチャ肌寒い!(驚)なにしろワシントン州の北に隣接するのは、バンクーバーのあるカナダだもんねえ、そりゃあ、寒いはずだよなあ〜(笑)ソルトレイク・シティ(ユタ州)からシアトル(ワシントン州)に来る道中、モンタナ州に差し掛かると、凄く空が高くて緑の山々とのコントラストが、余りにも素晴らしくて、思わず泣きそうなくらい感動した!「母なる大地」って、モンタナ州の景色みたいなことを言うのだろうなあ〜って思ったね! 

    そんな訳でシアトル(ワシントン州)に着いてすぐ、スーパー・マーケットの「ウォル・グリーン」で、安物のウィンド・ブレーカー(20ドル)を買いました。左胸に「シアトル」って書いたダセえ刺繍がしてあるけど、この際、ダセえかどうかなんて構わねえ。(笑)俺はただ、凍えそうなくらい寒くて、疲労困憊でボロボロなんだ。(笑)


    写真:「シアトル・ダウンタウンの中心部」〜有名な市場の前で、偶々すれ違った人に撮影して頂きました。シアトル(ワシントン州)に着いてすぐ、余りの寒さにスーパー・マーケットで買ったダサいウィンド・ブレーカーを着ているのが俺です。(笑)



    この街(シアトル)での宿も何とか飛び込みで見つけた。新しい街に着くと、俺は半ば本能的に直観で動くから、いくら旅行ガイド本の類(「地球の歩き方」みたいなヤツ)で予備知識を詰め込んでも、アレって俺には全く何の役にも立たないな〜って思った。(笑)
    シアトルは今、一年で一番混むハイ・シーズン(夏季)なので、市内の宿は、どこも満員だったが、運よくダウンタウンの中心部にあるバックパッカーズ・ホテルの相部屋に4日間だけ泊まれることになった。シアトル(ワシントン州)での滞在が4日間に決定したので、この次の目的地・サンフランシスコ(カリフォルニア州)に出発する日は8月12日(土)に決めた!とにかく、シアトルにも無事に着いて良かった!この街での宿代は、バックパッカーズ・ホテルの相部屋で安く上がったので、観光費はケチらず、思っきり遊ぶとしよう!(笑)



    写真:シアトルのダウンタウンで、飛び込みで転がり込んだバックパッカーズ・ホテル、「グリーン・トータス・バックパッカーズ・ホステル」の領収書。今回の旅で唯一となったドミトリー・ルーム(相部屋)で4日間素泊りしました。(笑)因みにこの相部屋ですが、男女共同です。俺の隣に寝てたのは、結構可愛い韓国人の女の子だったよ! ヤバイぜっ!(興奮!)宿代は一泊あたりたったの23ドルでした。ランドリーもありますが、キッチン、トイレ、シャワー室は共同なので、貴重品などの荷物はしっかり管理すべし!(注意!〜相部屋に貴重品を置いたままで、シャワーやキッチンに行くのは危険です。盗まれる可能性大です!貴重品の類は常に身につけている(俺はそうしてる)か、或いは、宿内にある有料のロッカーを利用した方がいいね。貴重品等は、ドミトリー・ルーム(相部屋)には絶対置いて出て行かない方が安全です!)

    FC2 Blog Ranking

     

    シアトル〜アメリカ格差社会の縮図!?

    • 2013.10.27 Sunday
    • 11:35

     
    写真:シアトル(ワシントン州)・ダウンタウンは港に面しており、夏のこの時期(8月)でも涼しくて過し易いです。イチロー選手が所属(2006年当時)するMLBシアトル・マリナーズの本拠地でもあります。マリナーズが所有するセーフコ・フィールド(野球場)はダウンタウン・エリアからは少し遠い場所にあるようでした。シアトルに着いて一日目にこの辺りを散歩していたら、一見して怪しい現地のオヤジに話しかけられて、「君はムービー・スターの誰それに似ている」とか言って、やたらお世辞を言うオヤジだなあ〜なんて思いつつも、しばらくの間、そのオヤジの話相手になっていたのですが、結局、最終的には「金を少し(5ドルくらい)恵んで欲しい」という単なるたかり屋のオヤジでした。(笑)皆さん、海外の見知らぬ街で、やたら馴れ馴れしい奴とか妙に優しい現地の奴には、たいてい何某かの打算があるケースが殆どなので、くれぐれも気を付けましょう。(笑)結局、そのオヤジに5ドル恵んでやったのかって?! 勿論、断ったよ!俺だって貧乏旅行者なんですからね!(笑)

    2006年8月8日(火)

    AM10:13〜シアトル(ワシントン州)
    での宿探しも何とか終わり、荷物一式を安宿の相部屋に降ろして、ようやく手ぶらになったので、早速シアトル・ダウンタウンをぶらぶら歩きだ。今は、ダウンタウンの中心部にある商業施設「ウェストレイク・センター」内にあるフード・コートにいる。昨日からのバスの移動で、ほとんど丸一日何も食っていなかったに等しいけど、今、ようやくまともなメシにありついた。(笑)フード・コートで俺が注文したのは、アジア風ファーストフード店の「エビ焼きそば」。見た目は普通の焼きそばなんだけど、タレがソースではなく、何だか甘ったるいテリヤキ風のタレだったので、ちょい違和感を感じたね正直・・・。(違)日本人の感覚からしたら、焼きそばに甘ったるいテリヤキ風のタレはかけないだろう!?これがアメリカ人と日本人の味覚の違いだ。(笑)こっちの人(アメリカ人)って、ホントに甘いものが大好きな人達なんだ。特に、ことアジア系の食い物となると、何にでもすぐ、この甘ったるいテリヤキ風のタレをかけたがる傾向にあるようだ。いい大人でも、バケツのような巨大な容器に入ったアイスクリームを美味そうに食べてるもんね。そりゃあ、デブにもなるわなあ。(笑)食生活に関しては、アメリカ人は世界一異常なほどの高カロリーを摂取しているに違いない。アメリカで「石を投げれば、巨デブにあたる。」といっても過言ではないだろう。(笑)何しろ国民の50%〜ほぼ2人に1人が、肥満に苦しんでいるという現状なのだから、やっぱり異常なデブがホントに多い国だ。昔、ロサンゼルスで英会話学校に通っていた時、担任の先生(グレッグ・マッケンリー先生)が、「私はダイエット中なので、甘いものは一切控えている。」といいつつも、ランチは毎日、学校近くのマクドナルドでハンバーガーを食べていたからね。(笑)この先生みたいに一日一回は、必ずマクドナルドなどのファーストフード店を利用するアメリカ人は非常に多い。それにアメリカ人って、料理をしない〜自炊しない人が多いのも問題だ。この合理性を追い求めたライフスタイルの結果が、巨デブ大国〜アメリカを作り出したとすれば、何とも皮肉な話だ。


    写真:路上の反戦ピアニスト。「パブリック・マーケットセンター」付近で発見しました。

    〜記事・本文の続き〜

    AM11:04〜今、シアトル・ダウンタウンにある「シェラトン・ホテル」の1Fロビー
    にいる。俺のような乞食同然の貧乏外国人旅行者がなんで、高級ホテルの「シェラトン」にいるのか?って、安宿の相部屋からシェラトンに移るのか?って、まさか、そんな訳ないがなあ〜シアトル発の「マウント・レーニエ国立公園」の一日バス・ツアーを主催する「グレイライン・オブ・シアトル」のオフィスが、ここ「シェラトンホテル」の1Fロビー内に入っているので、偶々そのツアー・チケットを買いに来ただけだよ。(笑)安宿の相部屋にあるカビ臭いマットレスよりも、シェラトンホテルのロビー内にある高級なソファの方が、遙かに疲れが取れて熟睡出来そうだな。(笑)「マウント・レーニエ国立公園」の一日バス・ツアーには、8月10日(木)に「シェラトン・ホテル」の前に朝早く集合して出発する予定です。


    写真:「グレイライン・オブ・シアトル」のマウント・レーニエ国立公園の一日バス・ツアーのチケットです。ツアー代金は、TAX込みで64$19¢。


    それにしても、シアトル(ワシントン州)は8月(夏季)だってのに、肌寒いね。上着やフリースを一枚羽織って丁度いいくらいの陽気だ。それに街を見渡すと、ホームレスが多い。それも年寄りではなく、若い男性のホームレスが目立つね。昼間、甘ったるいテリヤキ風のタレのかかった「エビ焼きそば」を食べた「ウェストレイク・センター」の周辺もホームレスの若者が結構多く見受けられた。俺がアメリカ人で、ホームレスの若者だったら、こんな寒いシアトル(ワシントン州)になんかいないで、一年中温暖なロサンゼルスかサンディエゴ辺りに行くけどね。こんな寒い街じゃ越冬出来そうもないぜ。冬が来たらどうするんだろうな、この街(シアトル)に溢れるホームレスの人達・・・。(考)残念なことに現在(2006年)、シアトルは、全米で最も自殺率の高い都市だそうだ。そう言えば、シアトル出身のロック・スター、カート・コバーン(ニルヴァーナ)も自殺したんだよねえ〜アメリカって、弱肉強食の社会っていうか、まあ、正当化すれば、それが「自由」なのかもしれないが、確かに病んでるよね、この国。実際、物凄い格差社会で、その歪みが年々社会問題化してきている。もはや、アメリカ合衆国が、「世界一豊かな自由を謳歌している国、世界中から羨望の眼差しを浴びていた」のは、遠い昔の話と化してしまったようだ。

    FC2 Blog Ranking

    ロック好きは必見!シアトルのロック博物館〜EMP!

    • 2013.11.03 Sunday
    • 09:54


    写真:港が一望出来るシアトルのダウンタウン。日本食レストランも多く食べる物に関してはバラエティ豊かな街でした。

    2006年8月9日(水)

    AM10:37〜
    今日は朝から小雨がパラついているシアトルの街。
    昨日、「ウォルグリーン・スーパー・マーケット」で買ったウィンド・ブレーカーが役に立ってくれそうな不安定な空模様です。今日はシアトルに来たら是非、観たいと思っていたロック博物館〜
    「エクスペリエンス・ミュージック・プロジェクト〜EMP」に行こうか、どうしようか、考え中です。行くとしたら徒歩なんでね。雨だとなんだか気が重いなあ〜なんて思ったりもする。滞在先のバックパッカーズ・ホテルからEMPまでは徒歩で20分くらいの場所です。
    とりあえず、朝飯を兼ねた昼食を食べに例のモール内(ウェストレイク・センター)にあるフード・コートに行こう!

    AM12:04〜
    どうにか、お天気も大丈夫そうなので、「EMP」まで行ってきま〜す!「ウェストレイク・センター」内のフード・コートで今、さっき「エビ・うどん」食べました。昨日食べた「エビ焼きそば」は、甘ったるいテリヤキ風のタレがかかっていて「失敗した!」と思ったけど、さっき食べた「エビ・うどん」に関しては、あっさりごま風味で仲々、美味かったよ。(笑)マッシュルームとカニも入っていました。さすがに「うどん」に甘ったるいテリヤキ風のタレはかけないみたいです。(笑)




    写真:「エクスペリエンス・ミュージック・プロジェクト〜EMP」のチケット。入場料は大人1人・17$95¢でした。 シアトル観光必見のロック博物館ですね!


    〜以下・記事の続き〜

    PM4:37〜ロック博物館「エクスペリエンス・ミュージック・プロジェクト〜EMP」
    に行って来ましたあ〜(嬉)シアトルは天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリクスの故郷ということもあり、「EMP」もやっぱりジミヘンのギターや衣装、更には手書きの歌詞といったこの博物館ならではの貴重な展示品がメインのようです。1Fには「EMP名物」の「ギター・ツリー」が積み上げてあります。ギターを積み上げた山が、3階のフロア付近まで高々とツリー化しています。このギター・ツリー、如何にもアメリカ人らしい豪快な発想だなと思いましたね。こんなバカらしいこと思いつくのは、アメリカ人くらいだよね。(笑)意味不明だけど、実際みると結構楽しいよ。「エンターテイメントは、意味を持たないからカッコいいんだぜ!」というアメリカ人特有の発想だと思ったなあ〜(笑)2Fで俺の目を釘付けにしたのが、キッスがメイク時代に着用していた衣装でした!その他、1Fの映画館では、フィルム・コンサートも上映していました。ビートルズのワシントンDC公演、それからジミヘンとボブ・ディランの60年代のコンサート・フィルムの3本立てだったよ。いずれもかなりレアな映像だと思いました。結局、何だかんだで、この1Fのフィルム・コンサートが俺的には一番印象的だったかも・・・。(思)シアトルの街でたっぷりロック三昧になりたい方は是非、「エクスペリエンス・ミュージック・プロジェクト〜EMP」に来て下さ〜い!!

    PM7:35〜夕方、港に面した市場(パブリック・マーケットセンター〜シアトルのダウンタウンの名所のひとつです。)を散歩していたら丁度、花屋さんの前で黒人のオジサンがアコースティックギターの引き語りをしていた。あのオジサン、歌上手かったなあ〜(感動!)なんというか、シビれたぜえ!それにオジサンの醸し出しているオーラというか、雰囲気が凄くハッピーな感じでね。終始ニコニコしながら歌っているんだ。観てるこっちまで、ハッピーな気分になったなあ〜(笑)シアトルは街中のいたる所にストリート・ミュージシャンが沢山いてカッコいい街です!

    明日は、「マウント・レーニエ国立公園」の一日バス・ツアー(グレイライン・オブ・シアトル主催)に参加してきます。AM8:30にシェラトン・ホテルの前に集合予定です。

    FC2 Blog Ranking

     

    シアトル発〜マウント・レーニエ国立公園の一日バス・ツアー!

    • 2013.11.10 Sunday
    • 10:01


    写真:シアトルのグレイハウンド・バス・ターミナル。こじんまりした作りですが、ダウンタウンの中心部から徒歩圏内にありグレハンでの旅行者には便利です!

    2006年8月10日(木)

    PM8:13〜 シアトル発マウント・レーニエ国立公園の一日バス・ツアー参加。
    レーニエ山の頂上付近は、当然ながら凄く寒かったので、厚着して行って正解でした。フリースの上に更にウィンド・ブレーカーを着込んで丁度良いくらいの気温でした。残念ながら今日のマウント・レーニエ国立公園は曇りで、霧に包まれていた為、写真が良く撮れていなかったので、写真を掲載出来なくて申し訳ない。レーニエ山の別名は「タコマ富士」。そう、日本の富士山に姿形が良く似ている山なんです。途中、リフレクション・レイクという湖があって、よく晴れている日には、「タコマ富士」が湖に写るそうで、かなりの絶景なんだそうです。

    マウント・レーニエ国立公園は、世界で初めてUFO(未確認飛行物体)が目撃された場所としても有名です。1947年6月24日に起きた有名な「ケネス・アーノルド事件」です。この日仕事でレーニエ山の上空を自家用機で飛行していた実業家のケネス・アーノルドさんが、空中で光る物体を9体、目撃したそうです。光る物体の速度は時速2,700キロを超える猛スピードだったそうです。その未確認飛行物体は、お皿のような形をしていたことから、「フライング・ソーサー」と名付けらました。このケネス・アーノルド事件以降、UFOの目撃情報が全米各地で相次ぐことになりました。まさにUFOブームは、このレーニエ山から始まったという訳です。俺個人としては、ケネス・アーノルドさんが目撃した謎の飛行物体、即ちUFOが本物であったと思いたい派です。(笑)その方が夢があって面白いじゃないですかあ〜(笑)


    シアトル・ダウンタウンの中心部にある「シェラトン・ホテル」の前から出発した、今日の「マウント・レーニエ国立公園の一日バス・ツアー」ですが、今日のツアー参加者で日本人は俺1人だけでした。参加者の多くは、おそらく他州から来られたと思われる中高年やお年寄りの方がほとんどでした。多分皆さん、シアトルに成人した子供や孫が住んでおられて、会いにきたついでに「せっかくシアトルに来たんだから、マウント・レーニエ国立公園でも観ようかねえ。」って感じだと思います。まあ、勝手な想像ですけどね。(笑)そんな訳で、ツアー参加者の中でただ1人の日本人である俺(おそらく、最年少だったと思う。)は、アメリカ人の爺さん婆さん達の中で当然浮きまくりでしたが、ツアー自体は非常に効率良くマウント・レーニエ国立公園を見学出来たので楽しかったです!UFOは残念ながら目撃出来ませんでした!
    ツアーの帰りは、バスの運転手さんのガイドを子守唄代わりにしながら、爆睡しました。シアトルからマウント・レーニエ国立公園までは、バスで片道3時間程なので、一日観光に丁度良いですね!

    2006年8月11日(金)

    AM9:05〜明日のサンフランシスコ(カリフォルニア州)行きの準備です。とりあえず、洗濯物を今日中に何とかしよう。

    PM8:45〜
    洗濯物も全部乾き、荷物もまとめたので、サンフランシスコ(カリフォルニア州)行きの準備もこれにて完了。シアトル最後の夜は、港に面したちょっぴり高級そうなレストランでステーキを食べた。アメリカに来てから食い物が不味いと散々書いてきた気がするのだが、それなりに金をかければ、美味いものも食えるんだなあ〜って思いました。(笑)シアトルでの4日間は見どころ満載、楽しくて何だかあっという間に過ぎてしまいましたが、明日は8年振り、2度目となる「花のサンフランシスコ(カリフォルニア州)」に向かいます!





    写真:シアトル(ワシントン州)〜サンフランシスコ(カリフォルニア州)間のグレイハウンド・バスのチケット。片道料金は大人1人あたり88$でした。この日は、夜行バスでサンフランシスコ(カリフォルニア州)に向かいました。所要時間は確か片道20時間くらいだったと思います。不鮮明な記憶で申し訳ありません。運行スケジュールや料金等々をもっと詳しく知りたい方は、グレイハウンド・バスのホーム・ページで調べてみて下さい。(笑)道中、オレゴン州のポートランド、ユージーン、ロス・メッドフォード、そしてカリフォルニア州に深夜入った後、レディング、サクラメントを経由して翌朝の11時頃、サンフランシスコ(カリフォルニア州)に到着しました。オレゴン州のポートランドでミール・ブレイク(30分の食事休憩)があり、その時、バス・ターミナル駅のファーストフード店で食べた「チーズ・バーガー・セット」が凄く美味しかったのを今だに覚えています。その後、同バス・ターミナル駅の外でタバコを吸っていたら、変な2人組の男に囲まれそうになったので、急いでバス・ターミナル駅内に逃げ込んだのも覚えています。(汗)アメリカって楽しいけど、ホントにヤバイ奴も沢山いるから結構怖いよ!

    FC2 Blog Ranking

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ランキング参加中!

    ランキング参加中!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
      toshi (06/11)
    • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
      坂木 (06/11)
    • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
      rocks1976 (04/22)
    • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
      ノンタラちゃん (04/17)
    • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
      トシ (01/22)
    • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
      ケン坊 (01/22)
    • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
      rocks1976 (07/07)
    • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
      しろくまの冒険 (07/07)
    • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
      rocks1976 (05/30)
    • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
      ちゃあー (05/30)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM