スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    灼熱の街〜アリゾナ州・ツーソンは砂漠のオアシス!?

    • 2014.01.11 Saturday
    • 21:48

     
    写真:こんなデカいサボテンは初めて観たなあ〜(笑)ここはアリゾナ州・第2の都市〜ツーソンです!因みにアリゾナ州最大の都市は近年、急成長している州都・フェニックスです。

    2006年8月29日(月)

    PM8:43〜アリゾナ州・ツーソンに到着! サンディエゴ(カリフォルニア州)
    からのグレイハウンド・バスでの移動も疲れたなあ〜(笑)アリゾナ州のフェニックスでバスの乗り換えがあったりして、その後ツーソンに向かう行程は走れど走れど砂漠の荒野でした。丁度、夕方頃にサワロ国立公園の辺りを抜けて来たんだけど、夕暮れ時だったので巨大なサボテンがとても幻想的な光景で綺麗に見えた。


    ツーソンはアリゾナ州第2の都市だそうだが今回、俺が訪れた街の中では一番ローカルな街。ダウンタウンも正直、殺風景な印象です。特に観光する様な見所もないが、アリゾナ州の気候は最高だ!とにかく乾燥していてメチャクチャ熱い! 夏場のこの時期、日中の最高気温は軽く40℃を超えてしまう。一年中温暖な気候に魅かれて、引退後はアリゾナ州で余生を送るアメリカ人って多いそうだ。州都・フェニックスやサン・シティ、そしてここツーソンも「老後のライフスタイルに理想的な土地」として近年、人口増加中です!

    ツーソン(アリゾナ州)のグレイハウンドのバス・ターミナル駅に着いたら、夜の7時を回っていて辺りも暗くなっていた。高層ビル群が無機質に並ぶダウンタウンの中心部は、バス・ターミナル駅からはちょっとばかり離れているので、徒歩で向かうのは危険だ。何しろ周囲は何もない街外れのようだった。取り敢えず今夜の宿を早急に確保することにした俺は、バス・ターミナル駅の外で客待ちをしていたタクシーを拾った。タクシー運転手の
    カールさん(白人の中年男性)が親切な人だったので助かった。

    俺:「どーも、今晩は。たった今、ツーソン(アリゾナ州)に着いたばかりで、自分が街のどの辺に居るのか全く分かりません。今夜泊まれる安い宿を探しています。グレイハウンド・バスのターミナル駅から近い場所で安いホテルありますか?」

    カールさん(タクシー運転手):「君が今居るこの辺りはダウンタウンの中心部からそんなに遠くない場所だよ。ダウンタウンまでは徒歩20分くらいだが、今日はもう遅いから歩くのはオススメ出来ないね。ここから5分くらい車で行けば安いモーテルが沢山集中している通りがあるんだ。今夜はそこに泊まるといいよ。」

    俺: 「ありがとう! サンディエゴから来たのでヘトヘトです。助言に従うとします。じゃあ、モーテル通りまでお願いします。」

    グレイハウンドのバス・ターミナル駅からモーテルの集中しているハイウェイ〜ルート10号線沿いのエリアまで車で5分。カールさんの運転するタクシーはラスベガスやソルトレイク・シティでも宿泊したお馴染みの「モーテル6」の前で停まった。

    カールさん(タクシー運転手): 「さあ、この辺りがモーテル通りだよ。「モーテル6」が一番安いから取り敢えずフロントで空室があるか聞いてきな。もし、満室でもこの先に「ハワード・ジョンソン・イン」もあるから大丈夫だよ。」


    と言って、カールさん(タクシー運転手)は俺が「モーテル6」のフロントでキーを受け取り無事チェック・インするまで外で待機してくれていた。凄い親切なタクシー運転手さんだったなあ〜部屋まで運んでもらう程の荷物は無かったけど、気持ち多めのチップをカールさんに渡したところで無事、ツーソンでの宿探しも終了!

    今日は移動日でホントに疲れたなあ〜ビールでも軽く飲んで寝るとします。(思考停止)


    写真:「モーテル6」〜全米各地にチェーン展開する格安のモーテルです。大抵どこの街もモーテルは街の中心部ではなく街外れのハイウェイに沿って集まっていますが、「モーテル6」も例外ではありません。ツーソンの街の様にモーテルの集まるエリアがほぼダウンタウンの中心部にあるのは珍しいかも知れません。ツーソンは街自体が小さいからでしょうか?宿泊料金は地域によって異なりますが、大体どこの街でも40$〜50$の間なのでロケーション的にやや不便な点を気にしなければ安くて快適なモーテルです。俺自身は4回(ラスベガス、ソルトレイク・シティ、ダラス、ツーソン)ほど宿泊しましたので結構な親しみと愛着がこのモーテルにはあります。(笑)グレイハウンド・バスで新しい街に着くと何故か、真っ先に「モーテル6」の看板が目に飛び込んできたりしますので多分、無意識で探しているんだと思います。(笑)「モーテル6」の看板とネオンサインに表示された「VACANCY〜空室あり」とレート(宿泊料金)を確認すると見知らぬ街に着いても気持ち安心します。旅の移動手段(飛行機、バス、レンタカー、鉄道)はともかくとしても、アメリカを自由に放浪したいと思っている人には、きっと心強い味方になると思いますので「モーテル6」の名前は覚えておいて損はないと思います。


    写真:ツーソン(アリゾナ州)のダウンタウンの中心部からやや外れにある「モーテル6」の領収書。一泊あたりTAX込みでこの時(2006年8月)は、41$33¢でした。


    写真:「グランドキャニオン国立公園」〜アリゾナ州のニック・ネームは「グランドキャニオン・ステート」です! アリゾナ州を訪れたからには絶対に観ておきたい世界自然遺産です!
    この時のツーソン滞在(2006年)では行きませんでしたが、グランドキャニオンが大好きで過去に3度訪れました! (2012年に撮影)


    写真:「グランド・サークル一帯の自然」。1998年に撮影したアナログ写真です。ずっと長い間大切に保管してました。この景色、長年グランド・キャニオンだと思っていましたが、最近、違う場所だということが判明しました。(驚)ここは〜ユタ州にあるブライス・キャニオン国立公園です。いずれにしても、凄い絶景です!(1998年に撮影。)


    写真:「セドナ国定公園」〜近年、パワー・スポットとして注目されているセドナもアリゾナ州の自然遺産〜グランド・サークル一帯の見所のひとつです!(2012年に撮影。)


    FC2 Blog Ranking

     

    ツーソン(アリゾナ州)の街を探検しよう!

    • 2014.01.18 Saturday
    • 10:33

     
    写真〜アリゾナ州・ツーソン。滞在先の「モーテル6」に面したルート10号線沿いの通りです。徒歩圏内にはファーストフード店の「カールス・ジュニア」くらいしかありませんし、一見のんびりとした砂漠の街の郊外って感じで日中も人通りは疎らですが、結構物騒なエリアですので1人歩きには十分な注意が必要かもしれません。人通りの少ない田舎の郊外がアメリカでは一番危険だったりしますからねえ〜(要注意!)

    2006年8月30日(水)

    AM11:12〜
    ああ、良く寝たわあ〜(笑)昨夜は超爆睡しました!今日は長旅の疲れもすっかり取れて実に爽やかな目覚めです! ラスベガスやソルトレイク・シティでも滞在したお馴染みの「モーテル6」の部屋に居ますが、窓から外の景色を見ればそこは完全なる砂漠地帯に広がるアリゾナ州の街。そう、ここはツーソンです!今日はちょこっとだけこのツーソンの街を徒歩で探検してみたいと思います! 今さっきモーテルのフロントで手に入れた観光案内地図を片手に街歩きしてきま〜す!(嬉)

    地図で見ると滞在先の「モーテル6」からツーソンのダウンタウンまでは北に片道1マイル(1.6キロ)くらいのようです。ダウンタウン
    は十分に徒歩圏内と言えますが何しろ夏のアリゾナ州は暑い!夏季は摂氏40℃を軽く超える灼熱地獄です
    のでペットボトルの水とサングラスは必携です!


    写真:ツーソン(アリゾナ州)〜ダウンタウンの中心部の様子。ドライな空気と照りつける灼熱の太陽。特に見どころは無い街だが、カントリーandウェスタンな雰囲気が漂う砂漠のオアシスですね!

    2006年8月31日(木)

    AM1:12〜

    1人旅をしていると、特定のとある場所でしか言葉を発しないもんだ。それは例えばレストランで食べ物を注文するだとか、飛込みで転がり込んだ街のホテルやモーテルで、フロントのスタッフと料金や滞在日数についての交渉をするだとか、果ては見知らぬ不慣れな街で偶々すれ違った通行人に道や宿の所在を尋ねるだとか大体そんな程度の言葉、しかもサバイバルな英語を喋るだけだ。どれも会話って程のものでもないなあ〜って。(笑)俺は割と頻繁に海外で長期間放浪するから、「トシは海外1人で行けていいよなあ〜英語ペラペラなんでしょ?」なんて訊かれるが実は全然そんなことはない。(笑)いや、実際は俺なんて英語、全然喋れないと言ってもいい部類に入ると思う。英語をまともに勉強したこともないし又、ちゃんと勉強しようと思ったこともない。でも、なんとかなるんだよねえ〜コレが。(笑)海外1人旅に語学力なんて全然必要じゃないって話さ。要は目的地に向かう意志と行動力さえ備わっていればそれで十分なんだよなあ〜(笑)


    究極はサバイバル本能
    なんじゃないのかって気がするんだよね。遠い異国の空港に着いた途端に俺の中でサバイバル状態に切り替わる何か別のスイッチが入るのかもしれません。(笑)だから旅が面白いって思えるんだけどね。「自由だ〜っ!」みたいな感覚ね!あっ、でもコレってあくまで1人旅の時の話です。誰かと一緒だったり団体ツアーだと全然スイッチ入らないですね。(笑)自分の中に新しいチャンネルを発見出来るという意味でも海外の1人旅は途轍もなく魅力的な体験です! 日本の若者よ、ケータイやネットの世界だけで群れてばかりいないで時には自分の力で自分の意思で1人になって行動してみろと言いたい。きっとサバイバル本能に切り替わるスイッチが見つかると思うぜ! それってエキサイティングな体験だと思わないか? 

    さて、いよいよ8月も今日で終わりかあ〜ここツーソン(アリゾナ州)の後はいよいよ旅の最終ゴール〜ラスベガス(ネバダ州)に戻るとします! 今回の旅の最終ゴール〜ラスベガスでは親友のケン坊とも落ち合う予定だし、MGMグランドでのマライア・キャリーのコンサートも待っています!  超楽しみです! もう暫くの間、ここツーソンの街でボケ老人の如く体を休めて過ごそうかと思っている今日この頃です。(笑)では、また明日・・・。


    FC2 Blog Ranking

    深夜の銃声!〜パトカーandヘリも出動!? アリゾナ州・ツーソンにて。

    • 2014.01.25 Saturday
    • 00:03

     
    写真:ツーソン(アリゾナ州)の街並みです。街の至る所に大きなサボテンが沢山あるのが特徴かなあ〜(笑) 

    2006年9月1日(金)

    AM11:47〜


    いよいよ9月に入りました! 
    ラスベガス行きのグレイハウンド・バスのチケットを購入。9月4日(月)の夜行バスでツーソン(アリゾナ州)を出発した後、5日(火)の明け方にラスベガス(ネバダ州)に戻ることになりました。

    とりあえずベガスに戻ったら、
    LAにいる親友のケン坊に電話だ。ヤツとは9月にラスベガスで落ち合う予定になっているので、双方のスケジュールを確認する必要があるんだ。

    このところ毎日、猛烈な暑さの続くアリゾナ州・ツーソンの街なので、冷たいビールがやたらに美味い!(笑)毎日飲み過ぎてヤバいなあ〜と思いつつも近所に一軒しかないガソリンスタンド兼コンビニ店まで結構歩くと遠い(多分片道1キロくらい)ので、ついつい買い物にそこまで足を延ばすと大量のビールを毎日買い込んで来てしまうんだなあ。近所にバーらしき店なんてのも当然無いような田舎町なんでね。まあ、コレも仕方ないかも・・・。(笑)酒が手に入らないかも?という焦りに近い気持ちが余計にビールの大量買いだめandガブ飲みに一層の拍車をかけているのかも知れない。(笑)それにしてもアリゾナ州・ツーソンの夏は毎日猛烈な暑さなのだが、今日はお昼前からどんよりとした雲に覆われてきて現在は曇りです。なんでもメキシコの方で発生した「ハリケーン〜ジョン」が、ウェスト・コーストを通過して太平洋に抜けて行くという予報なので多分その影響でお天気が下り坂に変わってきたのかも知れないです。

    2006年9月2日(土)

    PM9:36〜 
    んっ!? 何で外が真っ暗なのかな? 時計を見ると夜の9時半かい今? そっかあ〜如何やら夕方から部屋で寝ちまった模様だ。ツーソン(アリゾナ州)滞在も明日が最終日です。ラスベガスに着いたらどこに泊まろうか?今から凄く楽しみだ!ラスベガスのグレイハウンド・バスのターミナル駅はラスベガス・ダウンタウンの中心部〜電飾アーケイド街の突き当りにあるので明け方に近い深夜(5時頃)に着いたとしても、とりあえず大丈夫(危険は少ない)だろう。とはいえラスベガスのグレイハウンド・バスのターミナル駅は老舗のカジノ〜プラザ・ホテルに隣接しているが夜になると、この街ならではの一種独特の雰囲気を醸し出すのが特徴だ。ロサンゼルスから出稼ぎの売春婦がバスに乗ってベガスにやってくからだ。ある意味凄くラスベガスらしいクレイジーな現象だよね。(笑)当然、深夜のバスターミナル周辺は怪しさ満載なので気を付けるに越したことはないという話だ。

    PM10:17〜「モーテル6」の自室〜1Fの105号室。夜の静寂をつんざく様な銃声、大きな発砲音がモーテルの敷地内でこだました。外で鳴っていたのか、或いはモーテルの部屋の中で鳴っていたのかは定かではないが、とにかくデカい銃声音だった。こんな時は野次馬根性に駆られて外に飛び出るなんてマネはしない方が身のためだろう。リアルにヤバそうだ!早速パトカーが猛スピードでモーテルに乗り込んできた。2Fの215号室に警察官数名が臨戦態勢で突入して行ったぜ! こりゃあ、何かあったに違いない! 犯罪に関わる何かがね!ヘリコプターまで出動してこの界隈を結構な低空飛行でブンブン飛び回っているぞ! 凶悪犯が逃げ回っているのかも知れない。(恐)コンビニに行った帰りにこの状況に遭遇したらヤバかったね!部屋に居て良かったわあ〜(汗)

    ツーソン(アリゾナ州)のこの辺り〜ダウンタウンの中心部からやや外れたルート10号線沿いにあるモーテルが集中して建ち並ぶエリアも、暗くなってからの徒歩での外出は極力避けたいエリアだね。この間なんか昼間だったけど、近所のファーストフード店〜「カールス・ジュニア」に歩いて行く途中、空き地の前を通り過ぎようとした途端、どっかの草むらみたいな場所から黒人のデカイ男2人組がいきなりぬっと現れて危うく囲まれそうになった。2人ともとにかくデカくてバスケの選手かヘビー級のボクサーみたいで超コワイ! 人目に付かない空き地であんなデカイ奴に囲まれたら身ぐるみ剥がされて一貫の終わりだった。本能的に危険を察知した俺は奴らに囲まれそうになる前に猛ダッシュで「カールス・ジュニア」に逃げ込んだ。ハンバーガーを食った帰りは奴らが潜んでいた空き地を避けるように大回りしてモーテルに戻ったというね。コレって全然笑えない話、最悪の場合、強盗にあってヘタすれば殺されてたかも知れないってくらいヤバイ話なんだよな!?そんな訳だからツーソン(アリゾナ州)の街の郊外は昼間でも結構ヤバイ〜治安が悪い街なので気軽にフラフラするとヤバイ奴らに遭遇する可能性大です! アメリカの田舎町〜一見のどかな様に見えても強盗事件や凶悪犯罪がすぐ自分の身近な所で発生しています。自由で楽しい1人旅を満喫するためにも十分な危機管理、或いは危険を察知する能力を身につけておきたいものです。


    FC2 Blog Ranking


     

    アメリカ〜1人旅の心得。

    • 2014.02.01 Saturday
    • 00:05

     
    写真:ツーソン(アリゾナ州)の郊外〜滞在先の「モーテル6」の周囲はこんな感じです。ディープなアメリカ西部の景色でしょ?って言うかホントに何もない街でしたねえ〜(笑)ツーソン滞在中にふと、あの山のてっぺんまで徒歩で行ってみようかなあ〜などと言う意味不明な衝動に駆られましたが結局、あまりのクソ暑さに負けて断念しました。多分この時、相当な暇人だったんだね俺。(笑)

    9月3日(日)

    AM10:39〜
    行き当たりばったりのアメリカ1人旅の中で感じ、そして習得した俺流〜旅の奥義(!?)を幾つか書き記しておきます。題して「アメリカ〜1人旅の心得」
    です。

    〜「アメリカ〜1人旅の心得」〜


    その1〜夜暗くなってからの徒歩での不用意な外出はなるべく避けるべし! アメリカは圧倒的な「車社会」です。この広大な国で車を持てない人ってのは、概ね怪しい類の奴らだと思っていた方がいいでしょう。ニューヨークなど一部の都市を除けば、アメリカ人にとって車は絶対に必要な足です。車がないとホントに何も出来ない社会です。それだけに夜間などに徒歩で出掛ける〜「歩く、うろつく」という行為自体が危険な人物や犯罪に巻き込まれるといったリスクを高めてしまうのです。

    その2〜街の中心部(ダウンタウン・エリア)よりも人通りの少ない郊外のエリアの方が実は危険! 実際、俺は何度かアメリカで危険な目に遭遇していますが、いずれも街の郊外にある人目に付かない様な寂れた裏通りなどで変な奴らに囲まれそうになったという体験でした。人目の届かない場所には絶対に行かないと決めておいた方が無難でしょう。バス・ターミナル駅や商業施設のトイレなども「人目が届かない場所」という意味ではやはり、警戒が必要なエリアかもしれません。


    その3〜治安の良し悪しを察知する能力、或いは感覚を身に付けるべし! これは旅慣れてこないと相当難しいと思いますが、例えばアナタがアメリカの見知らぬ街を1人で歩いていたとします。初めて訪れる街、わくわくした気分で街を歩いていると、次第に鉄格子がやたらに多い商店街や壁に描かれた落書きなどが目立つエリアが見えてみました。何だかションベン臭い様な異臭も漂ってきました。それにアダルトやポルノ・ショップの看板も多く見受けられるようです。さて、アナタはこの様な場所の入り口に差しかかった時、どうしますか?思わず好奇心に駆られてそのまま進みますか? それとも、怪しそうな雰囲気なので来た道を引き返しますか?この場合、来た道を引き返す方が無難でしょう。俺も旅をしていて新しい街に着くと、まずは安そうな宿を探しますが、安宿のある近辺には大体怪しげな通りがあり時々紛れ込んでしまうことがあります。そんな時はヘタにキョロキョロせずに来た道を引き返します。

    〜以上・「アメリカ〜1人旅の心得」でした。〜

    PM11:37〜
    さてさて、ツーソン(アリゾナ州)滞在も今日が最終日です。明日の夜行バスでラスベガス(ネバダ州)に戻りますが、グッド・ニュース
    があります!(嬉)今回の旅の資金〜12、000$が8月終了時点でまだ半分以上の7,600$も残っています!残り1か月間のラスベガス(ネバダ州)滞在が結構ゴージャスな気分で過ごせそうです!旅の資金の話ついでに、ここまでの出費を簡単に計算してみました。


    滞在先         期間        ホテル代    バス代


    ラスベガス       7/19〜8/2   763$    45$


    ソルトレイク・シティ  8/2〜8/7          382$   106$


    シアトル        8/8〜8/12       112$    88$


    サンフランシスコ    8/13〜8/20     400$    63$


    サンディエゴ      8/22〜8/29  220$    57$


    ツーソン        8/29〜9/4          250$    53$


    ラスベガス       9/5〜10/10  未定      未定



    7月19日〜9月3日現在までの宿泊費合計〜2、127$。


    グレイハウンド・バスでの移動〜交通費の合計〜412$。
     


    宿泊費合計+交通費合計〜2、539$。

    食費・その他合計〜1、660$。


    今回、アメリカ国内で使用した現在までの総金額〜4,199$! 

     

      

    宿泊費〜ホテル代が全出費の約半分という内訳になりました。残り7、600$を残してベガスに戻れるので、とりあえずベガスに戻ったら安モーテルではなく立派なカジノ・ホテルに泊まろうと思います!(笑) 続きはまたラスベガスからお届けします! お休みなさ〜い。




    写真:ツーソン(アリゾナ州)〜ラスベガス(ネバダ州)間のグレイハウンド・バスのチケットです。所要時間は11時間、料金は大人1人〜片道53$。途中又もやアリゾナ州フェニックスで乗り換えがありました。夜遅くに同アリゾナ州のフラッグスタッフを経由した以外は殆ど走り通しというかなり体力的にキツイ移動でした。

    FC2 Blog Ranking

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ランキング参加中!

    ランキング参加中!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
      toshi (06/11)
    • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
      坂木 (06/11)
    • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
      rocks1976 (04/22)
    • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
      ノンタラちゃん (04/17)
    • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
      トシ (01/22)
    • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
      ケン坊 (01/22)
    • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
      rocks1976 (07/07)
    • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
      しろくまの冒険 (07/07)
    • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
      rocks1976 (05/30)
    • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
      ちゃあー (05/30)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM