スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ルイジアナ州・ニューオーリンズに到着!!

    • 2013.03.26 Tuesday
    • 12:20

     
    写真:「エンプレス・ホテル」〜ニューオーリンズ郊外の住宅街の中にぽつんとあります。
    周囲には「ルイ・アームストロング公園」があるだけでなので、徒歩の旅行者には不便なロケーションです。 一泊あたりシングルルームで50$。部屋は狭くて、お世辞にも快適とは言えませんでしたが、この写真は結構気に入っています。空が凄く高くて綺麗でしょ?


    2012年7月12日(木)AM7:23〜
    メンフィスのモーテルを朝7時にチェック・アウト。

    タクシーでグレイハウンド・バスのターミナルまで来て、今は朝のコーヒー・タイム中。
    昨夜は良く寝れなかった。って言うか、ほとんど寝てない。(遠足の前の日の小学生か!?)
    早起きのプレッシャーに弱くてね。(悲しいことに夜型人間なんです。私・・・。)
    メンフィスでの唯一の誤算は、ここグレイハウンド・バスのターミナルが、空港近くに移動していたことだった。 結局、ダウンタウン間の往復でタクシー代が60$も掛かった。
    移動前は丁度、滞在先の「ビスタ・イン・モーテル」の隣、ユニオン・アベニューにあったらしい。 (そう言えば、空き地になっていたな・・・。)
    今日は夜の9時にニューオーリンズに到着予定だ! 8日間の滞在予定で、明日13(金)からは、1週間ホテルが予約してある。但し、今夜は宿を取ってない・・・。夜の9時過ぎに着く予定なので、寝るためだけに1晩宿に泊まるのもどうかな?
    ニューオーリンズの歓楽街には、24時間営業の「ハラーズ・カジノ」もあるので、そこで夜を明かすのも悪くないなあ〜 まあ〜その時の疲労の度合いによるけど・・・。

    とりあえず夕方に一度、ルイジアナ州・バトンルージュ(州都)でバスの乗り換えがある。
    寝過ごしてしまったらアウトなので、くれぐれも気を付けよう!


    PM10:18〜とにかく、ニューオーリンズにキタ〜っ!!
    夜の9時過ぎにグレイハウンド・バスのターミナルに着いたので、もうヘロヘロになっていた。(疲労) さすがに「ハラーズ・カジノ」で徹夜する気力も体力も残っていなかったので、バス・ターミナルの外ですぐタクシーを捕まえた。
    俺 「近くに安いホテルありませんか?」

    タクシー運転手 「安いったってピンキリだぜ、お兄さん、幾らくらいのホテルだね?」

    俺 「MAXで50$。歓楽街のフレンチ・クォーター近辺の安宿がいいなあ〜」

    タクシー運転手 「50$かあ〜とすると「ホリデイ・イン」は無理だなあ〜うーん、そうだなあ〜あったぞ、ルイ・アームストロング公園の近くに一軒だけな。そこでいい?」

    俺 「宜しくお願いしまーす!」

    タクシーで、フレンチ・クォーター・歓楽街のすぐ北側、ルイ・アームストロング公園のすぐ近くにある「エンプレス・ホテル」に今夜1晩だけお世話になります。

     

    この辺は住宅街なので、周囲にはお店やレストランはなさそうだな。 まあ〜1晩だけだからいいかあ・・・。疲れたし、今夜はもう、シャワー浴びて寝るだけだ。
    メンフィス(テネシー州)から途中、ミシシッピー州を一気に抜けて、ニューオーリンズのあるルイジアナ州まで来ました。ミシシッピ州に入ると、辺り一面、綿花畑が広がる。
    本当に走れど走れど綿花畑・・・。 エルビス・プレスリーの生まれ故郷もこのミシシッピー州のトゥペロと言う小さな町だそうです。 もしかしたらトゥペロも通って来たかも知れないが、途中で激しい雨が降ってきたので、残念ながら確認出来なかった。 もしくは、通り過ぎても気が付かないくらいの小さな町なのかも知れない。 貧しかったエルビスが、夜逃げ同然で、メンフィスに出て来る必要があった程の田舎町なんだろうなあ〜きっと・・・。


    ルイジアナ州に入ると、ようやく街らしい街がバスの車窓からも確認出来た。
    夕方、バスの乗換えをしたバトンルージュ
    は、さすがにルイジアナ州の州都だけあって、大都会という印象でした。 ミシシッピー州を走り抜けてきたから、余計にそう感じたのかも知れませんが・・・。ニューオーリンズの街の様子は、今さっき着いたばかりなので、まだ良く分かりませんが、この街での滞在(8日間)も今から楽しみです!
    明日は、10時にチェック・アウトして、予約してあるホテルに移るので、そろそろ寝るとします。何とか無事ニューオーリンズに着いたので、ホッとひと安心です。


    写真:メンフィス(テネシー州)〜ニューオーリンズ(ルイジアナ州)間のグレイハウンド・バスのチケット。料金は片道・72$。途中、グリーンビル(ミシシッピー州)、バトンルージュ(ルイジアナ州)を経由。所要11時間でした。

    FC2 Blog Ranking

     

    インチキ・ホリデイ・インもどきかよ!?〜ニューオーリンズのホテル。

    • 2013.03.27 Wednesday
    • 02:21

     
    写真:「オキーフ・プラザホテル」。ニューオーリンズ市内のビジネス街の中にあり、旧市街地・フレンチ・クォーターまで、徒歩5分の好立地です。日本からエクスペディアで予約・支払い済みです。7泊で、51,824円。一泊平均・7,403円。朝食は無料で1Fの食堂で食べれますが、俺は毎日正午過ぎまで寝坊していたので、チェック・アウト当日の朝、一度食べたきりでした。グレイハウンド・バスのターミナルからも歩いて5分くらいです。部屋も広々としていて快適なはずだったのだが・・・。

    2012年7月13日(金)PM3:52〜
    ニューオーリンズ2日目。 昨夜遅く飛び込んだ「エンプレス・ホテル」を10時にチェック・アウトして、日本から予約してきた「オキーフ・プラザホテル」のチェック・インの時間(3時)まで、かなり時間があったので、とりあえず「オキーフ・プラザホテル」のフロントで荷物だけ預け、再びグレイハウンド・バスのターミナルに戻り、一週間後の20日(金)に行くダラス(テキサス州)行きのバス・チケットも買って置いた。昨夜は夜遅かったので、チケット・カウンターが閉まっていたのだ。 
    そう言えば昨夜、グレイハウンド・バスのターミナルに着いてすぐトイレに入った時、一見するとトイレには自分しかいない感じがしたのだが、用を足して手を洗っていると、個室の中から黒人の男2人組が出てきた。 (怪しいよなあ〜?絶対!)男2人で、トイレの個室に入るかあ〜普通・・・。 鏡越しに2人が個室から出てくるのが目に入ったが、俺はあえて見てないフリをした。 その黒人2人の男もバツが悪かったのか、「日本人かい?君は空手使いか?」とか何とか訳の分からない質問を浴びせてきたが、 俺は無視を決め込んで、速攻トイレから立ち去った。アイツら一体何者・・・!? 多分、ヤクの売人だった気がする。

    話が脱線したが、予約しておいた「オキーフ・プラザホテル」に先程、チェック・インしました。今日から1週間、このホテルにお世話になります。冷蔵庫、電子レンジ付きで部屋も広くて快適だ。 各フロア事に製氷機も設置してあるし、歓楽街・フレンチ・クォーターも歩いてすぐの距離なので、ベスト・ロケーションだね!


    PM5:48〜近所にあるコンビニ「ブードゥー・マート」でビール12缶とカップラーメン3個を買ってきた帰り、もの凄い雨に降られて、全身びしょ濡れになった。
    ホテルの自室に戻り、ずぶ濡れのT-シャツとジーパンを、シャワールームに干した後、コーヒーメーカーで熱いお湯を沸かし、カップラーメンを食べた。 日本のカップラーメンに比べると、本当にくそマズイっ! が、今回、渡米してからラーメンを食べてなかったので、一先ずは「ありがたい」と感じた。

    今夜は部屋でビールでも飲みながら、ゆっくりTVでも観て過ごすかあ〜
    丁度、今、TVで「心霊体験番組」を放送しているぞ。 何だか面白そうな番組だな。
    ここニューオーリンズは、ブードゥー教の信者が多い街らしく、どうやら皆、その手の話(お化け話)が好きなようだ。


    PM10:26〜ホテルの部屋のトイレが流れない。(危)
      

    小便しただけなのに・・・。何で・・・? フロントに電話した方が良さそうだ。
    番号を押しても通じない。  それもそのはず、そもそも
    配線
    が繋がってないじゃんけ!?
    って言うか、
    配線自体がそもそも無い!? つまり、この部屋の電話機はフェイク、ただの飾り物って訳ね。(驚)仕方ない・・・。エレベーターで1Fのフロントまで行って話そう。

    その時、フロントにいたのは、黒人の若いお姉さんだった。 暇そうにしていた。

    俺 「部屋のトイレが流れません。 」

    フロント 「分かりました。すぐに係りの者をお部屋に伺わせます。」


    俺 「ありがとう。506号室です。 宜しく。」

    部屋で待つこと10分、20分、誰も来る気配がない・・・。
    (結局、滞在した1週間の間、とうとう修理の人は誰も来なかった。)

    こうなりゃあ〜自分で見てみるしかなさそうだな。(一応、客なんですけどね俺。) 
    トイレの水槽を開けてみたところ、どうやら排水レバーの鎖が外れていただけだったようで、その後は無事、流れるようになってくれた。良かった。良かった。(安心)
    待てーいっ! 全然良くないだろっ!? お人好しか、俺は!?(笑)
    何なんだ!?このホテルは? あの
    フェイクの電話機と言い、対応してくれないフロントと言いちょっとヒドくねえかあ〜オイっ(怒)  

    ありえねえ〜だろ!? 普通・・・。

    「オキーフ・プラザホテル」は外観だけは、「ホリデイ・イン」並みに立派でも、中身は4流ホテル以下だな! こんな様では、火災が発生しても報知器もロクに鳴らないんじゃないのか!? 部屋の電話機がフェイク(飾り物)なんてホテル聞いた事ないぞ!

    日本に帰ったらエクスペディアにチクッてやるからな!(怒)
    この「インチキ・ホリデイ・インもどき」!!(怒)

    FC2 Blog Ranking

     

    ニューオーリンズの旧市街地・フレンチ・クォーターを散歩(1)

    • 2013.03.30 Saturday
    • 10:47

     
    写真:歓楽街・フレンチ・クォーターは、ニューオーリンズで一番の見所です。フランス系移民の街として栄えた名残りが今も残る旧市街地です。何だかワクワクします!ご覧のように昼間は、ぶらぶら歩きの観光客でのんびりしたムードです。

    写真:「コンティ蝋人形館」。入場料は大人1人・8$。 この写真は南北戦争当時の様子でしょう。 多分・・・。

    写真:鎖に繋がれたフランケンシュタイン! 結構コワイ!

    写真:バケノモだ〜っ!!

    写真:こちらは「ブードゥー・博物館」。フレンチ・クォーターの一角にあります。かつてのブードゥー教の儀式はかなり過激だったらしいです。入場料は大人1人・5$

    写真:「セントルイス大聖堂」〜フレンチ・クォーターの中央・ジャクソン広場にあります。
    立派な大聖堂ですね! 現在の姿になったのは、1850年だそうです。それにしては、綺麗な姿ですよね! 2005年のハリケーン・カトリーナは、ニューオーリンズの街に甚大な被害をもたらしましたが、この大聖堂の前で勢力を落としたと言う逸話もあります。
    「大聖堂の正面にあるキリスト像のおかげ」だと地元の方々は噂しているそうです。


    2012年7月14日(土) PM12:04〜
    ああ〜良く寝たわあ〜寝坊しちゃいました・・・。溜まっていた洗濯物もほとんど乾いたし、とりあえずシャワー浴びて、早速フレンチ・クォーターに出かけてみよう!!

    PM3:57〜ニューオーリンズの旧市街地・フレンチ・クォーターをくまなく歩いてみた。有名なバーボン・ストリート、ロイヤル・ストリートも一方通行で、思った以上に狭い。フレンチ・クォーターの区画自体が、昔のまま変わっていないと言うことですね。コンティ蝋人形館〜セントルイス大聖堂〜ジャクソン広場〜ブードゥー博物館を見学した後、有名な「ゴーストハウス」と「ミルテルベルガーハウス」を写真に撮りました。この続きは、また次回!!

    FC2 Blog Ranking

     

    ニューオーリンズの旧市街地・フレンチ・クォーターを散歩(2)

    • 2013.03.31 Sunday
    • 10:07

     
    写真:キャナル・ストリートとニューオーリンズ名物の路面電車です。キャナル・ストリートは深夜でも賑やかで、ハラーズ・カジノや高級ホテル(シェラトン、マリオット、リッツ・カールトン)などが立ち並ぶ通りです。丁度、この通りが、旧市街地・フレンチ・クォーターとビジネス街の境目になっています。 

    写真:「ゴーストハウス」〜昼間もひと通りの少ない有名な幽霊屋敷です。フレンチ・クォーターの一角にあります。 この屋敷からかつて75体もの黒人奴隷の死体が床板の下から発見されたそうです! こりゃあ、何だか祟りがありそうだぞ! 因みに現在もこの屋敷は、住んでる方がいるそうです。

    写真:「ミルテルベルガー・ハウス」〜ニューオーリンズと言うと、この様式の建物を思い浮かべる方も多いですよね! こちらはその代表的な例です。     1883年に完成した「ミルテルベルガー・ハウス」です。元モナコ王妃・アリス・ヘインの生家だそうです。

    2012年7月14日(土) PM3:57〜
    ニューオーリンズの旧市街地・フレンチ・クォーターは確かにオドロオドロしいムードがあったなあ〜昼間でもすえた酒の臭いがして、ジメジメと蒸し暑いので、よく見るとゴキブリが沢山います。何だか観光客にまぎれて、ドラキュラでも歩いていそうな雰囲気でした。(笑)


    フレンチ・クォーターを散歩した後、滞在先の「インチキ・ホリデイ・インもどき」に戻る途中で、キャナル・ストリート沿いに中華料理のファーストフード店「ゴールデン・ウォール」を発見! チャーハンと白身魚のフライ(セットで8ドル)を食べた。結構旨かった。 ヴォリューム満点でした! 店員の中国人のお姉さんが可愛いかったから、また行こう!
    ニューオーリンズの旧市街地・フレンチ・クォーターは昼間でもバーなどは営業していて、皆さん昼間からガンガンに酒呑んでいる様子です。ニューオーリンズの街は酒には寛容な土地のようで、通りでの酒類歩き飲みもOKだそうです。

    FC2 Blog Ranking

     

    アメリカ水族館andキャンプ・ストリート544。      ニューオーリンズ!

    • 2013.04.02 Tuesday
    • 00:08

     
    写真:「アメリカ水族館」。ミシシッピー河沿いのフェリー乗り場の向かいにあります。

    写真:「アメリカ水族館」。この日は平日でしたが、家族連れのお客さんで混んでいました。
    近くにショッピングセンターもあり便利です。 ニューオーリンズで昼間時間潰しするにはいいエリアでした。

    写真:「アメリカ水族館」のチケット。入場料は大人1人・22ドルでした。


    2012年7月15日(日) PM2:14〜

    又もや寝坊した。(笑)たった今、起きました。 いや、本当は夜中に下痢で何度も起きたんだけど・・・。(苦) 今日は絶不調みたいです・・・。


    PM8:38〜

    滞在先の「インチキ・ホリデイ・インもどき」の近所に
    「ヨコハマ」と言う日本食レストランを発見! まだ若干、下痢で腹が痛かったのだが、ファーストフード以外の物を食べれるのは久々なので、今夜は「ヨコハマ」で、夕食。 注文したのは、「スシ弁当ボックス」と、サッポロビールで、合計30ドルくらい。(高いな!)「ヨコハマ」って言うネーミングからして日本人の経営じゃなさそうな気がしたが、やはり中国人が経営している日本食レストランでした。 日本人だったら、「ヨコハマ」なんて言う如何にも「ジャパン」な屋号は付けないよなあ〜(笑) 味はフツーに旨かったよ。 ただ、若干の認識の違いと言うか、違和感も感じたけどね・・・。 

    その1〜寿司ネタが冷えてなく、ほぼ常温でした。

    その2〜寿司が酢飯で握ってないので、正確には「スシ」ではなく、ただの「メシ」でした。


    うーん、分かってないんだあ〜寿司の何たるかを・・・。(笑)正確に伝わってないよね。
    もしくは、アメリカでのニーズに合わせて改良された物なのだろうか?
     

      


    2012年7月16日(月) AM10:13〜

    よしっ! 今日はスッキリ起きたぞ〜っ! 若干、小雨が気になるが、出掛けて来ま〜す!


    PM3:27〜キャナル・ストリートをミシシッピー河に突き当たると、無料のフェリーが対岸の街・アルジェまで往復している。 フェリー乗り場に着く頃には小雨も止んでいい天気になっていたので、フェリーに乗ってみた。旧市街地・フレンチ・クォーターや俺の滞在しているビジネス街(CBD)も一望出来て気持ち良かった!無料クルーズの後は、フェリー乗り場のすぐ向かい側にある「アメリカ水族館」に行ってみた。
    ラッコとペンギンが可愛いかったなあ〜 オッサン1人で水族館に行くのも何だか悲しいものがあったが、まあ、その辺は突っ込まないでくれ。(笑)巨大ホオジロザメの見事なアゴが展示してあって、ありゃあ〜相当な大物だったようで、体長は17フィートと言うから5メートルくらいの大物だったようだ!帰りにハラーズ・カジノ
    へ寄って、バフェ(食べ放題)を食べた後、久々にスロットマシンに挑戦! セントルイスのラミール・カジノ以来だな。 結局、負けたけどね・・・。(笑)

    大好きなエアロスミスの曲「セイム・オールド・ソングandダンス」が、カジノフロアに流れていたから一瞬、イケる気がしたんだけどなあ〜やっぱりダメだったかあ〜(笑)

    キャンプ・ストリート544〜ニューオーリンズ。

    このニューオーリンズ市内の番地を聞いてピンとくる人はまずいないであろうと思うのですが、フェリー乗り場に行く途中のビジネス街の一角にある住所です。 

    このニューオーリンズ市内の住所は、この次に向かうテキサス州・ダラスで起きたケネディ大統領暗殺事件(1963年11月22日)
    と非常に深い繋がりがある場所なので、一応確認してみました。
    キャンプ・ストリート544は、ケネディー大統領暗殺に関わったクーデター部隊の1人(実行犯ではない!)と思われる私立探偵・ガイ・バニスター(元FBI・シカゴ支局長)が、かつて探偵事務所を開いていた場所です。 ガイ・バニスターは既に亡くなっているし、勿論、事件のあった1963年当時の面影すらも残していなかったが、想像することは可能でした。
    1963年の夏頃、ここニューオーリンズのガイ・バニスターの探偵事務所、即ちキャンプ・ストリート544で、1963年の11月22日・ダラスで実行されたケネディ大統領暗殺のシナリオが練られていたことを・・・。
    ガイ・バニスターの探偵事務所は、実際のところ探偵業などはそっちのけでした。この事務所は実のところCIAの諜報活動のアジト、言わばCIAの下請けだったのです。 バニスターの前歴(元FBI・シカゴ支局長)であることを考えれば納得して貰えると思いますが・・・。そのバニスターの探偵事務所にケネディ大統領暗殺を計画・実行したと思われる連中が出入りしていたのです。 ここで言う連中とは即ち、CIA、FBIの反逆分子達、それに巨大シンジケート(マフィア組織)のことを意味します。
    ガイ・バニスターも元FBIですし、単独犯(!?)とされる、リー・ハーベイ・オズワルドも実は、共産主義者の危険な若者などではなく、列記としたCIAのエージェントでした。
    もっとも、オズワルドは、CIAの下級エージェントだった訳だが・・・。
    ケネディ大統領暗殺の謎を紐解く上で、オズワルドがCIAの、それも下級エージェントであった事実は非常に重要なポイントです。 暗殺事件の全てのからくりは、オズワルド=CIAの下級エージェントであった事実に集約されてしまうからです。
    つまり、オズワルドは非常に利用されやすい立場にあったと言うことです!
    オズワルドもこのキャンプ・ストリート544=ガイ・バニスターの探偵事務所に出入りしていたのが確認されていますが、彼がケネディ大統領暗殺の計画を知っていたとは思えない。
    おそらく、オズワルドは知らず知らずのうちにケネディ大統領暗殺に加担させられ、最終的に単独犯と言う汚名を着せられてしまったに違いないと思うのです。勿論、オズワルドは実行犯ですらありませんでした。ダラスでのあの日、オズワルドはたった一発の銃弾すらも撃っていませんでいた。


    それらの根拠、もしくは証拠は?

    その1: リー・ハーベイ・オズワルドはCIAの末端を担う下級エージェントであり、その任務の全貌、つまりダラスでのケネディ大統領暗殺計画を把握させられていたとは到底思えないからです。 通常、CIAの下級エージェントとは、そう言う存在(任務の全貌までは知らされないのが常識)だからです。


    その2: 逮捕当日、暗殺犯とされるリー・ハーベイ・オズワルドの身体からは、硝煙反応が検出されなかった。 


    オズワルドは銃を撃ってない! つまり100%、ケネディ大統領暗殺事件の犯人ではない!

    しかし、周知の通り、ケネディ大統領暗殺の単独犯として逮捕され、拘置所を出て移送中のところ、ヤクザのジャック・ルビーにすぐさま拳銃で射殺されました。
    「死人に口なし」とはまさにこの事でしょう。 到底信じられませんが、捻じ曲げられた歴史上に於いては、オズワルドの単独犯行と言うことになっています。

     
    リー・ハーベイ・オズワルドが、巨大な陰謀を隠ぺいするための生贄だったのは間違いありません。

    果たして、その背後に浮かび上がる巨大な陰謀の正体とは?

    オズワルドは、1963年の夏、ここニューオーリンズ市内で、キューバのカストロ政権支持のビラをまいたその際、通行人と喧嘩騒ぎを起こし逮捕されました。 勿論、ビラまきも喧嘩騒ぎもCIAの支持でした。それはオズワルドを危険な共産主義者に仕立てる為の芝居でした。 この頃、すでに犯人役としてオズワルドを使うことが決まっていたのです。

    因みにオズワルドがまいていたビラには、ある住所が記載されていました。
    どこだと思います? そうです!


    ビラの住所はここキャンプ・ストリート544でした。

    何だか事件の謎が一本の線で繋がってきた気がしませんでしょうか?
     

    オズワルドが危険な共産主義者であれば、ケネディ大統領暗殺の単独犯にはピッタリの人材ですし、舞台となるダラスでの手筈も万全でした。 ダラス市警も買収し、本物の実行部隊3名が、当日暗殺を決行しやすいようにパレードのルートも変更させます。 情報は絶対に漏れません。 何しろCIA、FBI,それにマフィアまで絡んだ、アメリカ合衆国大統領の暗殺計画ですから。もし、万が一、不利な証人が現れたら、その時は交通事故、もしくは急病で死んでもらいます。
    因みにケネディ大統領暗殺の実行部隊を手配したのは、ケネディ・一族に積年の恨みを持つ、シカゴ・マフィアの大ボス・サム・ジアンカーナとみてまず間違いないでしょう。
    ジアンカーナ自身が回想録の中で、ケネディ大統領暗殺への関与を認めているので、これは間違いなく確かでしょう。


    CIAを組織解体し、マフィアを撲滅させると公言していた、第35代アメリカ合衆国大統領・ジョン・F・ケネディ。  そのカリスマ性と行動力で、国民からは熱狂的な支持を得る一方で、巨大な軍産複合体やマフィアからは嫌われていました。 軍事国家としてのアメリカの古い体質を変えようとしていたのですから、無理もありませんでした。
    そして、クーデターは起こるべくして起きました。

    1963年・11月22日、テキサス州・ダラスのデイリープラザで・・・。
    ケネディ大統領が「ベトナム(戦争)から、アメリカは撤退する」と言う声明を出した直後に起きた悲劇でした。やはり、今にして思えば事件当日、逮捕され連行される直後にオズワルドが、カメラに向かって叫んだ一言、

     


    「私はハメられた! 私は大統領を殺していない!」

    と言うオズワルドのこの発言は、そのものズバリ真実だったのです。
    彼はCIAのエージェントだったので、それ以上多くのことは語れない立場にあったのです。
    ダラスに出発する日も近づいてきました。 いよいよダラスでは、事件現場・デイリープラザを訪れながら、歴史的事件の真相に迫りたいと思います! 今から非常に楽しみです!

    おっと、まだニューオーリンズあと3日残ってますので、もうチョイ先の話ですけど・・・。


    FC2 Blog Ranking

     

    伝説のジャズハウス〜プリザベーション・ホール!!

    • 2013.04.04 Thursday
    • 00:16

     
    写真:伝説のジャズ・ハウス〜「プリザベーション・ホール」! 
    この廃屋のような掘立小屋が、伝説のジャズ・ハウスとは・・・。看板がないので見つけにくいですが、フレンチ・クォーターのほぼ中心部にあります。開演前には、毎晩長蛇の列ができます。この写真は昼間、場所を確認した際に撮影しました。


    2012年7月16日(月) PM11:47〜
    フレンチ・クォーター
    にある伝説のジャズハウス〜プリザベーション・ホールで生のジャズ・バンドのライブを聴いてきました。 俺はロック・ミュージシャンなので、ジャズにはそれほど詳しい方ではないのだが、出演者は皆、国宝級のジャズ・メン
    だそうです。
    そんな中、今夜のライブの
    ピアニストは何と、日本人女性の渡辺真理さん
    と言う方だったので、ビックリ仰天しました。(真理さん超カッコいいっす!)

    ニューオーリンズと言えば、やはりジャズの本場です! それも明るいサウンドのディキシーランド・ジャズ
    が、最大の特徴です。 クールなモダン・ジャズもお洒落だけどニューオーリンズは、やっぱりディキシーランド・ジャズの方が主流のようです。

    ライブはボーカルも含め、全ての楽器が完全にアンプラグドでした。 プリザベーション・ホールは木造の掘立小屋なので、いい鳴りがするんだ。(笑) 
    木造の掘立小屋の鳴りを最大限に活かすと、アンプラグドが丁度いいんだろうなあ〜
    音がまろやかでパワフルだった。 やはり
    超一流のミュージシャンの演奏って、変な自己主張しないからいいね! 聴いてて全然疲れないもん。その辺がプロとアマとの最大の違いだよなあ〜 本物のミュージシャンの音って、完全に空間と調和するから変な不自然さとか、耳触り感が全くないよねえ〜凄いよなあ〜やっぱり本物は・・・。いい勉強になった。開演前から長蛇の列が出来ていて、毎晩大盛況のようです!

     


    「ベスト・オブ・プリザベーション・ホール」〜688円より。

    写真:プリザベーション・ホールのチケット。入場料は大人1人・15$!


    写真:フレンチ・クォーターで一番賑やかなバーボン・ストリート! 毎晩、明け方までバーやライブハウスから聞こえてくる、ディキシーランド・ジャズの明るい音色の生演奏で盛り上っています!

    「プリザベーション・ホール」の開演前、外でチケットの列に並んでいた時のこと。
    丁度、俺の前に日本人の女の子が並んでいた。 色白で、大きな瞳が印象的なスレンダー美女だった。 よくよく話せば彼女、何と俺と同郷の出身(群馬県)だった!
    これは奇遇ですねえ〜 まさかニューオーリンズのプリザベーション・ホールで同じ地元の女の子と偶然出会って一緒にジャズを聴くなんて・・・。
    人生って不思議だなあ〜 旅って面白い! だから止められない。(笑)

    彼女のニューオーリンズでの滞在先も、これまた偶然、俺と同じ「インチキ・ホリデイ・インもどき」だと言うので、ライブの帰りにバーボン・ストリートで一緒に酒を飲んだ。
    彼女はこの1年余り、ご主人の仕事の関係で東部のニュージャージー州に住んでいるんだそうだ。 今年(2012年)の秋には、日本に帰る予定だそうで、今は1人で旅をしているんだってさ。 明日の朝、テキサス州のエルパソにグレイハウンド・バスで向かうと言う話だ。
    久々に日本人に会えて(それも美人の若い女の子)、日本語の会話出来て楽しかった!
    元気でなあ〜彼女! あっ、そう言えば、名前も聞かなかったわあ〜まあ、お互い旅人ですから名前や連絡先を聞くなんて野暮なマネはしませんよ。もう会うこともないから素敵なんじゃないんでしょうか? でも、このブログをもし彼女が読んでたら、コメント欲しいなあ〜あの日、ニューオーリンズで偶然、出会ったのは「私よ」って人がいたらコメントしてね! 宜しく!


    2012年7月17日(火) AM11:45〜
    今日は二日酔いと下痢でボロボロだ。(笑) 頭イターっ!(痛)
    昨夜は、プリザベーション・ホールのライブと、そこで知り合った日本人の美女と、バーボン・ストリートで相当酒飲んだからなあ〜テンション上げ過ぎたみたい。(愚)

    これぞまさしく、「下衆の極み」!(笑)今日はホテルでゴロゴロしています。

    PM9:04〜今日のニューオーリンズ市内は、雨も降らず一日中いいお天気だったけど、結局夕方に「ゴールデン・ウォール」(例の中華料理のファーストフード店)に弁当を買いに行っただけでした。 まだ二日酔いで、ぐったりしています。(笑)

    FC2 Blog Ranking

     

    オーデュボン昆虫館〜ニューオーリンズ市内。

    • 2013.04.05 Friday
    • 00:32

     
    写真:「オーデュボン昆虫館」〜入場料は大人1人・16$です。

    2012年7月18日(水) PM4:14〜
    キャナル・ストリート沿いにある「オーデュボン昆虫館」へ行ってきました。

    摩訶不思議な昆虫が沢山いました。 特にピンク色のバッタ
    には、ビックリしたなあ〜
    昆虫館なのに何故か赤ちゃんのワニがいて可愛かったです。
    今日も良く歩いて結構疲れたなあ〜


    久々に残り資金をカウントしておこう!

    トラベラーズチェック〜5,000$・10枚。
    現金・・・・・・・・〜2、669$
    所持金合計・・・・・〜7、669$

    2012年7月19日(木) AM9:57〜
    いよいよニューオーリンズも今日で最終日。 明日のダラス(テキサス州)行きの荷造りと情報収集をしておこう。  明日の夜行バス(PM6時発)で、ニューオーリンズを出発して、ダラス到着は翌21日(金)の朝6時です。  5日間の滞在予定ですが、宿は取ってないので、又もや現地飛込みです。   ダラスを訪れる一番の目的は、ズバリジョン・F・ケネディ大統領の暗殺現場、デイリー・プラザと一連の事件の資料博物館であるシックス・フロアビルディング(旧・教科書倉庫ビル)
    をこの目でみて、事件の真相を検証することであります!
    ケネディ大統領暗殺事件の研究は俺のライフワークの一つです。そのダラスにいよいよ明日出発です! う〜ん、楽しくなってきたぞ〜っ!
     


    2012年7月20日(金) AM9:23〜
    ついに、ニューオーリンズにさようならだ。 夕方のバスの時間まで暇だ。
    さようなら、
    「インチキ・ホリデイ・インもどき」。 
    客室の電話機くらいフェイク(飾り物)じゃなくて本物置けよ!(笑)


    PM12:15〜ホテルをチェック・アウトしてグレイハウンド・バスのターミナルまで歩いてきました。 何だかもの凄い雨が降ってきて、天気大荒れ模様のニューオーリンズです。ターミナルから一歩も出れそうにありません。 ちょっとコワイくらいの降り方です・・・。

     


    写真:ニューオーリンズ(ルイジアナ州)〜ダラス(テキサス州)間のグレイハウンド・バスのチケット。 片道料金・118$ 所要12時間でした。途中、ルイジアナ州(バトンルージュ、ラファイエット、アレキサンドリア、シュリーブ・ポート)を経由、テキサス州に入り、ノンストップでダラスまで来ました。 この日の移動も夜行バスでしんどかったなあ〜

    FC2 Blog Ranking

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    ランキング参加中!

    ランキング参加中!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
      toshi (06/11)
    • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
      坂木 (06/11)
    • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
      rocks1976 (04/22)
    • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
      ノンタラちゃん (04/17)
    • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
      トシ (01/22)
    • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
      ケン坊 (01/22)
    • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
      rocks1976 (07/07)
    • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
      しろくまの冒険 (07/07)
    • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
      rocks1976 (05/30)
    • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
      ちゃあー (05/30)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM