スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    サンフランシスコ〜ヘイト・アシュベリー地区でヒッピー文化の余韻に浸るぜ!

    • 2013.12.07 Saturday
    • 20:12


    写真:ヒッピー文化の余韻が今も残る「ヘイト・アシュベリー地区」〜丁度、「ヘイト」と「アシュベリー」という2つの通りが交わう交差点です。「ラブ・アンド・ピース」はまさにこの場所から広まったんですねえ。

    2006年8月17日(木)

    AM10:37〜
    昨夜は滞在先のホテルの真ん前の通りで、黒人の男が全裸で叫びながら歩いていて、通りを行き交う人々から失笑を買っていたが、そのうちにパトカーやらレスキュー隊やらが来て結構大騒ぎとなり、この通りが一時騒然となった。何だったんだろう、アイツ?!取り敢えず笑わせて貰ったなあ〜(笑)治安の悪いエリア(サンフランシスコ・ダウンタウンの西地区)に滞在していて日々、ショッキングな光景に遭遇しているけど、如何やら俺も慣れてきたらしい。そんな自分もまた怖いね!(考)「危険だなあ〜」って感覚自体が、街に馴染むことによって徐々に麻痺している気がするんだ。俺自身、変なトラブルに巻き込まれないように気を付けたいと思います。今日は天気も良く晴れて気持ちいい陽気なので、これから「ヘイト・アシュベリー地区」〜ヒッピー文化発祥の地まで徒歩で行ってきま〜す!



    写真:「ヘイト・アシュベリー地区」〜奇抜でサイケデリックな壁画アートですね〜コレ一応お店です。確かレコード店だった気がする・・・。(考)

    PM4:27〜「ヘイト・アシュベリー地区」までダウンタウンから徒歩で行ってきた。片道4キロくらいだっただろうか?往復8キロくらいなら余裕で歩けると思っていたんだが、サンフランシスコ特有の地形を計算に入れていなかった。(笑)そう、港町のサンフランシスコはとにかく坂が多い街だってことをね。(笑)ヘイト・アシュベリー地区への行きは猛烈な登り坂で、帰りは当然ながらこれまた猛烈な下り坂です!(笑)お陰で膝がガクガクになったけど、いい遠足になったね!因みにヘイト・アシュベリー地区までは、ダウンタウンのユニオン・スクエアから市バスで行けるそうです。「ヘイト・アシュベリー地区」と言えば、何と言ってもヒッピー文化発祥の地です。アメリカがベトナム戦争の泥沼にハマって行った激動の1960年代に「反戦」や「自由」といった「ラブ・アンド・ピース」を掲げた当時のアメリカの若者達〜即ちヒッピーが、この地で幾日間もキャンプを張ったりフリー・セックスやLSDといった一見、反社会的な行為を持ってして世界中に「反体制主義」を広めた歴史的な街です。自由を愛する全ての人に1度は来て欲しいですね〜「ヘイト・アシュベリー地区」!!! 


    写真:「ヘイト・アシュベリー地区」〜窓から巨大なマネキンの足が飛び出してます!(笑)地元のアーティストが作った作品なんだそうです。「ヘイト・アシュベリー地区」は、個性的なお店(ブティックやレストラン)が沢山あって楽しいエリアだね!裏通りには閑静なビクトリア調の住宅街が建ち並ぶ静かな街でした。

    写真:「ヘイト・アシュベリー地区」の突き当りには大きな公園があって、のどかな雰囲気ですよ。それにしても、サンフランシスコって坂が多い街だなあ〜(笑)歩くと結構いい運動になっちゃいますね!

    PM10:49〜
    滞在先のホテル「デリー・イン」の部屋の壁に一枚の複製画が飾ってあって、それがなんとも絶望的で暗いタッチの画風なんだけれども、ふと気が付くとその画に吸い寄せられるように見入ってしまう自分がいる。何だか終末を予感させるというか、この世の終わりみたく暗い画なんだ。ヘビメタのイントロみたく凄く暗い。(笑)夜の街を描いた作品なんだけれども、夜空も街も陰惨で暗い。しかし、この画の中に唯一の救いを見い出すとすれば、それはどこか暖かい印象の満月だ。月の灯りだけが、暗い夜の街をわずかに照らしている。そんな作品だ。この作品のタイトルは多分「月灯り」かもしれない。この作品に於ける唯一の救いである「月」、そして絶望的に暗い「街」との対比のさせ方、そのコントラストがいいなあ〜と思った。メリハリが極端だけども斬新なアートって好きだなあ〜俺。サンフランシスコでのんびりしながらアカデミックな気分に浸るのも悪くない。少なくとも、この街に沢山の芸術家が住みつく理由も何だか分かる気がしてきた。(悟)

    FC2 Blog Ranking


     

    スポンサーサイト

    • 2017.03.09 Thursday
    • 20:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      ランキング参加中!

      ランキング参加中!

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
        toshi (06/11)
      • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
        坂木 (06/11)
      • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
        rocks1976 (04/22)
      • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
        ノンタラちゃん (04/17)
      • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
        トシ (01/22)
      • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
        ケン坊 (01/22)
      • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
        rocks1976 (07/07)
      • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
        しろくまの冒険 (07/07)
      • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
        rocks1976 (05/30)
      • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
        ちゃあー (05/30)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM