スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ケネディ大統領暗殺事件の真相に迫る!(2)

    • 2013.04.10 Wednesday
    • 00:03

     
    写真:「デイリープラザとシックスフロア・ビルディング」〜丁度、暗殺現場から旧教科書倉庫ビルを撮影しました。1963年当時と全く変わっていませんでした。 当時も今も大きな木が、かなり邪魔している点に注目です!  あのビルの6Fの窓(写真右側)からオズワルドが狙撃したと言われていますが、どう考えても無理があります。 因みに6Fの窓からこの暗殺現場であるエルム・ストリートの×印を見降ろしましたが、手前側の木が邪魔でほとんど何も見えませんでした。

      
    〜以下・前回の記事の続き〜

      
    ここで一度、オズワルドの射撃の腕前と彼が犯行に使った(!?)とされる銃の性能について述べておこう。まず、オズワルドが犯行に使った(!?)とされる銃についてから話そう。
    その
    イタリア製のマンリケ・カルカノと言う極めて安物で性能の悪い装てん式ライフル銃だった。カルカノ銃は、専門家の間では、最も信頼度の低いライフルとされており、イタリアが戦争で負けたのはカルカノ銃
    せいだと言ったジョークまであるそうだ。
    狙撃ポイント(!?)とされる旧・教科書倉庫ビルの6F・東端に事件直後、わざとらしく置いてあったと言うこのカルカノ銃は、照準が大きく右にズレており、とてもじゃないが、まともに使える状態の銃ではなかった。 しかも、「ここで撃ちました!」と言わんばかりに、空の薬莢が3発、ご丁寧に
    並べて置いてあった。
    つまり、ウォーレン委員会の説
    を信じるとすると、こう言う結論になる。
    単独犯のリー・ハーベイ・オズワルドは、教科書倉庫ビル6Fの東端から安物でしかも不良品ライフル銃・マンリケ・カルカノ使用して、殆ど見えないエルム・ストリートをパレード車で走行中のケネディ大統領めがけてたった6秒間の間に4発も発砲、そのうちの実に3発を見事ケネディ大統領の頭部、もしくは胸部に命中させた
    と言うのだ。
    果たして、こんな出鱈目な論理が成立するのだろうか?


    そしてもう一つ、オズワルドの射撃の腕前についてだ。
    ウォーレン委員会の主張するオズワルド単独犯行説が正しいとすれば、オズワルドはまさに、世界一の射撃の腕前を持っていたことになる。 だって、そうでしょう? 奇跡でも起きない限り成立しない
    ほど見事な狙撃を成し遂げたわけですから・・・。

    実際のオズワルドの射撃の腕前についてだが、残念ながら彼はウォーレン委員会の主張を裏付けるほどの射撃の腕前ではなかったようだ。 それよりもむしろ、オズワルは射撃が苦手な部類で、簡単に言うと、射撃が下手くそだったそうだ。 これはオズワルド軍隊時代の射撃テストの記録を見れば明らかで、彼の射撃の腕前は、残念ながら平均的以下、落第点スレスレだったと言うことだ。 たった数年の間に、オズワルド射撃の落第生から、世界一の腕前を持つ射撃の名手
    へと変貌したとでも言うのだろうか? あり得ない!!
    ウォーレン委員会のオズワルド単独犯行説はやはり出鱈目です! もし、仮にウォーレン委員会の主張が正しいとすれば尚更、疑問に思う。考えても見て欲しい。オズワルドが本当に射撃のスペシャリストだったとすれば、あの場所(旧・教科書倉庫ビル6Fの東端)とあの銃(安物で、不良品のカルカノ銃)をチョイスするだろうか? どっちにしても、やはりウォーレン委員会の主張は矛盾してしまう。 まあ、全部が嘘なんだから、矛盾して当然だが・・・。

    射撃のスペシャリストであれば、遠ざかるターゲットをあえて狙いません。
    必ず近づいてくるターゲットを狙える場所(そう、グラシノールの丘だ!)で待つのが鉄則だからだ。
     

    さて、ウォーレン委員会の矛盾はこのくらいで十分でしょう。 陰謀が存在していたと言う証拠実際の犯行はどのようにして行われたのか?何名の狙撃犯が事件当日、このデイリープラザに潜んでいたのか?各自どの場所で待機して、ケネディ大統領を待ち伏せていたのか? いよいよこの歴史的事件の真相に迫っていきます。

    まず、それを検証するために、暗殺事件当日、ケネディ大統領が狙撃された瞬間を捉えた有名な8ミリフィルム・通称「ザプルーダー・フィルム」について触れておこう。 「真実」を捉えたたった一つの証拠です。      有名なこのザプルーダー・フィルム、皆さんもどっかで一度は観たことがあると思うのですが、ケネディ大統領は実際のところ、3方向から挟み撃ちされています。
    くわしくは次回お話しますが、まず記憶しておきたいのは、
    最後に撃たれた銃弾、すなわちケネディ大統領の脳ミソを吹っ飛ばした銃弾の弾道です。この8ミリフィルムでも確認出来る通り、最後の銃弾は明らかにケネディ大統領のパレード車の進行方向に対して右前方の場所、角度的にはちょうど、「グラシノールの丘」から撃たれているのが、確認出来ます。 銃弾を右側頭部に浴びた瞬間、ケネディ大統領は左手後方に大きくのけぞります。同時に、脳ミソも左後方に飛び散っています。 オズワルドが撃った(!?)とされている旧・教科書倉庫ビルはケネディ大統領の場所から右後方にあります。 映像と全く合いません。ザプルーダーフィルムのこの瞬間の映像だけ見てもオズワルドの単独犯行説、即ちウォーレン委員会による調査報告が嘘だと言うことが、簡単にバレてしまいます。確かに後方からも撃たれていました。でも、それは右後方の旧・教科書倉庫ビル6Fからの銃弾ではありません。それについては次回お話し致します。 とりあえず、暗殺のあった瞬間ですが、オズワルドは旧・教科書倉庫ビルの6Fにはいませんでした。事件直後にこのビルにすぐ警官が立ち入りした際、オズワルドを2Fで目撃しています。その時、オズワルドは自動販売機の前でコーラを飲んでいました。 これに関しては、その警官と旧・教科書倉庫ビルのオーナー他、何名かの方が目撃しているのです。逮捕当日のオズワルドの身体からは、硝煙反応も検出されていません。やっぱり彼は無実です!
     
    尚、ケネディ大統領とその暗殺事件に関する一切の重要書類は、何と2039年(!?)まで公表されないそうです。 これ即ち、既存の事実(オズワルド単独犯行説)を嘘だと認めているに等しいと思いませんでしょうか? 何故、2039年まで隠す必要があるのでしょうか? 
      




    写真:暗殺現場付近を歩くギャラリーがいますね。 突き当りの鉄道高架橋の右手にもスナイパーがいたことが、専門家チームによる最新の研究結果から明らかになってきました。


    写真:「シックスフロア・ビルディング〜旧・教科書倉庫ビル」現在は、ケネディ大統領とその暗殺事件に関する資料博物館となって公開されています。

    写真:「グラシノールの丘」から撮影した暗殺現場(×印)
    暗殺のプロフェッショナルであれば、絶対にこの場所から狙うはずです。
    ケネディ大統領に最も接近できる暗殺ポイントです。
    なおかつ、この地点でパレード車はエルム・ストリートに入るカーブを曲がった際、かなり減速しています。 実際、この「グラシノールの丘」から暗殺現場(×印)は凄く近いです。
    あくまで目測ですが、おそらく15mも離れていないでしょう。
    それとは逆に、教科書倉庫ビルの6Fは、この×印から、直線距離にして80mも右後方
    になってしまいます。 フツーに考えた時どうでしょうか? 
    一体、どっちから撃たれたと判断するのが、正しいと思いますか?
    「ザプルーダー・フィルム」では明らかにこの場所から狙撃されています!
    弾道学的見地から検証しても「グラシノールの丘」
    がピッタリ一致します!

    FC2 Blog Ranking

     

    スポンサーサイト

    • 2017.03.09 Thursday
    • 00:03
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      ランキング参加中!

      ランキング参加中!

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
        toshi (06/11)
      • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
        坂木 (06/11)
      • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
        rocks1976 (04/22)
      • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
        ノンタラちゃん (04/17)
      • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
        トシ (01/22)
      • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
        ケン坊 (01/22)
      • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
        rocks1976 (07/07)
      • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
        しろくまの冒険 (07/07)
      • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
        rocks1976 (05/30)
      • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
        ちゃあー (05/30)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM