スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ロズウェル事件の真相(UFO墜落)に迫る!(2)

    • 2013.04.20 Saturday
    • 08:09

     
    写真:コーラの自販機まで宇宙人です!どうやらロズウェルの街では、宇宙人はビッグ・スターのようです。もしくは観光親善大使かな?(ロズウェル市内にあるジュースの自販機。)

    「エリア51〜世界でもっとも有名な秘密基地の真実」
    アニー・ジェイコブセン著・1858円〜


    〜以下・前回の記事の続きです〜

    2011年に発売され、アメリカでベストセラーになった本・
    「エリア51〜世界で最も有名な秘密基地の真実」(アニー・ジェイコブセン著)によると、ロズウェルに墜落した円盤型飛行物体とその乗組員は、当時のアメリカにとっての敵国・ソビエト連邦の無人偵察機で、宇宙人と思われる小さい子供のような乗組員は、人体実験を施され奇形化した人間の子供死体だったと言う話です。米ソによる東西冷戦の最中、ソ連もまた無人偵察機による敵国・アメリカを偵察すると言うその目的をカモフラージュするために敢えて奇形化した子供(一見、確かに宇宙人に見える!?)を無人偵察機に乗り込ませ、あたかも
    UFOの飛来・墜落のように見せかけたと言うのだ!
    確かに当時の
    米ソの対立状況から考えれば如何にもな話と言えなくもないが、ただ、ロズウェルに墜落した謎の飛行物体ソ連の無人偵察機だったとすると、それはそれで偉いことになってしまうんだなあ〜何しろ円盤型で反重力装置を搭載した無人偵察機を敵国であるアメリカ本土の上空まで、楽々飛ばせたことになってしまうからね。その点だけに注目してみても、当時のソ連の軍事技術は、アメリカを遥かに上回っていたことになる。
    それにジェイコブセン氏の著書には、前述した
    「元素115」については何も触れていないのは、何故なんだ? ひょっとしたら、「元素115」の話自体
    デマなのだろうか?

    確かに
    ロズウェル(ニューメキシコ州)とエリア51(ネバダ州)が近い距離にあることを考えれば、ジェイコブセン氏の説、ロズウェルのUFO=ソ連の無人偵察機説も多いに納得出来る説ではあるし、アメリカ政府がUFO話をでっち上げてまでも、事実を隠蔽した理屈も通るんだよなあ〜当時のアメリカにとって敵国であるソ連の無人偵察機がアメリカ本土まで上陸していたなんてニュースを流したら、それこそ大パニック状態になったであろうことは容易に想像できる。もしかしたら、時のアメリカ政府はこう考えたのかも知れない。

    〜1947年アメリカ・ホワイトハウス(ワシントンD.C)〜


    ハリー・トルーマン大統領:「何だと!? ソ連の無人偵察機が我が国の本土(ニューメキシコ州・ロズウェル)に墜落しただと!? それに何やら得体の知れない装置を搭載していて中には、奇形化した子供らしき乗組員の遺体まで発見されたと言うのか・・・。これはマズイ事態だな、大変にマズイ・・・。国民に知れたら大変な騒ぎになってしまうからな。この情報は絶対にマスコミには漏らしてはならんぞ!何とかして注意をそらす必要大アリだな。とりあえず、マスコミにはUFOが墜落した言うニセ情報を流して真実を覆い隠そう!しばらくは信じるだろう。騒ぎの頃合いを見計らって、あのUFO騒ぎは気象観測用の気球でしたとでも言っておけば良い。」と、当時のトルーマン大統領が言ったかどうかは定かではないが、コレが案外ロズウェルで起きたUFO墜落事件の真相だったりして・・・。

     

    ロズウェル事件が実はソ連の無人偵察機であったとしても、やはり宇宙人の存在自体は否定出来ない。確かに現代の科学の常識では、宇宙人の存在を肯定も否定も出来ない。
    ただ現代の科学で
    認識出来ないからと言って、それら(宇宙人の存在)を否定する根拠にはならない。未知なる宇宙という世界に、我々人類の想像力や現代科学の認識が追い付いていないだけなのではないだろうか?
    現在、この地球上で宇宙人の存在を証明出来る証拠は何と、60億存在する!
    そうです! 我々人類です! 人間、すなわち我々人類誕生に到るプロセスそのものが、宇宙人の存在を肯定してしまうことになるのです! 言わば我々人類の存在こそが、宇宙人の存在を証明できる唯一無二の生き証人であるからです! それについては、また次回お話します!
    まだ当分、ロズウェルに着きそうもありませんので・・・。

    今さっきようやくニューメキシコ州に入ったばかりです。アマリロ(テキサス州)で、ロズウェル方面のバスに乗り換えたら、グレイハウンド・バスの車内がガラガラになりました。
    座席も2人分占領しているので、今はとても快適です!(嬉)ニューメキシコ州に入ると本当に砂漠の荒野です。そしてバスの中はガラガラ・・・。なーんか不安になってきたなあ〜
    オッ!? 砂漠の景色をバスの車窓からボ〜ッと眺めていると、結構あちこちで、竜巻が発生しているのが見えるぞ!でも、みんな(バスの乗客)特に驚く様子もないので多分、竜巻くらいフツーなんですね。

    FC2 Blog Ranking

     

    スポンサーサイト

    • 2017.03.09 Thursday
    • 08:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      ランキング参加中!

      ランキング参加中!

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
        toshi (06/11)
      • どーゆー訳か?俺はゲイだと思われている!?(笑)
        坂木 (06/11)
      • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
        rocks1976 (04/22)
      • 引っ越しトラブル発生!! あわやシドニーで宿無しに・・・。
        ノンタラちゃん (04/17)
      • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
        トシ (01/22)
      • 親友とベガスで再会!! ケン坊and俺〜inラスベガス・ダウンタウン!
        ケン坊 (01/22)
      • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
        rocks1976 (07/07)
      • 世界の歌姫降臨!マライア・キャリーのラスベガス公演〜MGMグランド・ホテルにて。
        しろくまの冒険 (07/07)
      • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
        rocks1976 (05/30)
      • ロック・スター登場! ブレット・マイケルズのライブ!
        ちゃあー (05/30)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM